2019 オランダ旅  ブリュッセル〜アムステルダム

オランダ旅3日目

 

今回の旅一番のドキドキポイント郊外のバスの乗り換えがあります。

 

オランダガイドブックの横にあったベルギーの本をふと立ち読みした際見つけた

フォロンミュージアムの作品に一目惚れ。ジャン-ミシェル・フォロンという作家自体知らなかったし、

アクセスも不便そうだけど、次いつベルギーに行くかも分からないので思い切って行くことに。

 

ブリュッセルからバスだと1時間ほどかかるので早起きして張り切って行くぞー!

とチェックアウトしようと思い本館(泊まっていたのは別館)に行くと8時からしか開かないと言われ、

出足をくじかれる。どこまでも相性が悪いホテル。

 

気を取り直して8時ちょうどにチェックアウト。

歩いて中央駅へ。昨夜の雑多な感じはなく、歩いているのは掃除の人ばかり。

中央駅のコインロッカーに荷物預け、構内のスタバでサンドイッチだけ買って駅から歩いてすぐのバス停へ。

 

フォロンミュージアムへはブリュッセル中央駅 (Centraal Station)からFlageyまで行き、

TECという会社の366番のバスに乗り換えLA HULPE Etangs Solvayで下車。徒歩16分。

ということはわかったけど値段が全然分からず不安。

 

ブリュッセルのバスは現金のみ。

バスの運転手さんにFlageyまで行くか聞くと、あっちのバス停だよと教えてくれた。

乗る前にもう一度確認して1回券(2.5ユーロ)を買って乗車。

優しそうな女の子に、Flageyに着いたら教えてくれますか?とグーグル翻訳で聞くと、

にっこり笑ってくれて一安心。

10分ほどでFlageyに。お礼に小さなラムネをプレゼント。

 

Flageyは大きな池と教会がある街中よりぐっと落ち着いた場所。

TECのバス停も近いはずなのに分からず少しうろうろ。歩いている人に聞いてTECのバス停へ。

バスはもう止まっているけど、1時間に1本くらいなので開くまでしばし待つ。

バス停にいる人にLA HULPE Etangs Solvayまでいくらか聞くと、30ユーロくらいかな?と言われ、

現金をあまり持ち歩いていなかったので焦る。行けても帰れないのは困るよ〜

銀行あそこにあるからと教えてくれたけど、、乗り込む際運転手さんに聞くと3.5ユーロでほっとする。

またまたグーグル翻訳でここで降りたいから着いたら教えてくださいと頼むとオッケー!と。

 

修理中?の教会

 

郊外の道をどんどん進んで25分くらいで到着。

どうやって着いたら教えてくれるのかな?と思っていたら

バスの鐘(?)をチリンチリンと鳴らしてここだよーと教えてくれた。

 

バス停から降りたらこの標識を行く

 

矢印を曲がるとこんな景色!美しい公園

 

鳥の声が聞こえたり、リスがいたり、ジョギングする近所の人も

 

眠るカモたち 

ここでピクニックや昼寝したら最高だな〜

こんなところがブリュッセル駅から車だと30分ほどであるとは。

 

端っこにお城も見える。

飛行機雲が放射線状にたくさん見えた。

近所にこんな公園があったらいいな〜

 

うっとりぼんやりゆっくり歩いて美術館到着!

ところどころに美術館への目印があるので方向音痴の私でも大丈夫。

 

チケットは13ユーロ。クレジットカードも使えます。

館内は撮影禁止だけど、展示室の入り口が本の形になっていて

本の中に入れる仕掛けになっていてとっても夢があります。

 

入ったときは小学生たちがレクチャー中。

結構な人数で2組ずつあったので、おおおとなりつつ鑑賞。

全然どいてくれないんだこの子たち。

戻ったらレクチャー終わってるかなと先に進みつ戻りつするも、レクチャーもしっかりだった。

 

水彩画も色合いも足穂の世界のような雰囲気もありとても素敵。

オブジェや映像、手紙などもりだくさん。

 

中庭にはここに行くきっかけになった傘が噴水になった作品。

これが見たかったのです!

 

最後の星空の作品も綺麗で予想外な動きでとても好きでした。

帰るのが惜しいなぁと時計をぱっとみると帰りの乗りたいバスまで

あと15分!(美術館までグーグル調べは歩いて16分!)

行きはあんなにゆっくりじっくり歩いた公園を猛ダッシュで走る走る。

1時間に1本なので必死。※土日は2時間に1本もあるのでさらに注意

 

公園の入り口から少しくだった場所に帰りのバス停はあり、

バス停にいたおばあさんにまた翻訳で正しいかを確認し(心配性ゆえ)、

無事乗車。

 

最後すんごい走ったけど、癒されるとてもいい美術館と公園でした。機会がある方はぜひ。

 

またFlageyで降りて、次はマグリット美術館へ。

トラムが通る線路にバスも止まります。

gare centorale行きのバスに乗り、koningで降りて徒歩2分。

 

お腹がすいたので、車で売っているインドカレーが美味しそうだったので購入。

なぜかフォークしか置いていなかった。

米がある嬉しみ。

 

 

マグリット美術館は予約をしなかったけど、券売機でチケットが買えました。

自分で日時を指定して買うシステム。

カード決済の方法がいまいち分からず困っていたら全然知らない人が助けてくれた。メルシー

見たことがないマグリットの作品がたくさん見れて楽しい大人っぽい美術館でした。

 

美術館を出たあとはブリュッセル公園をぶらぶらしたり、

またグランプラス周辺をうろうろしてスーパーで少しお土産を買ってcentraal駅へ。

 

預けた荷物を回収し、地下鉄でmidi駅へ。

またチケットの買い方が分からず困って後ろに並んだ人にお願いして買ってもらった。優しい。

ベルギーの印象がどんどんよくなるけども、midi駅は治安がよくないとネットにあったのでドキドキ。

 

タリスに乗る際は荷物検査があるので早めに駅に行く方がいいと

これまたネットにあったので早めに到着。ぼけっとしながらジュースを飲もうとすると、

近くに座っていたおじさんが、あそこで無料でジュースもらえるよ〜と教えてくれる。

ミントサイダーティーのような不思議な味だった。

おじさんはベルギーの人でイギリスに行くそう。いいなーというと喉が痛くなるから嫌だとか、

昔大阪で働いてたけど日本語はしゃべれないなど、きっとそんなことを言っていただろうと思う。

あそこに君の乗る電車のホーム番号が出るよ、そこを上に行って左だよととても親切なおじさんだった。

時間になったので握手してさよならする。

 

ベルギーなんだかんだ最終的にはいろんな人に助けられた。みんなありがとう。

荷物検査は全くなく、普通にタリスに乗れた。

 

アムステルダムまでは2時間ほど。コンセントもあるので充電も安心。

トイレが流れなかったけど、もう驚かない。そんなもんなんだろねきっと。

 

 

15分ほど遅れてアムステルダム到着ー!

 

ホテルにチェックインし、近くのベトナム料理屋さんへ。どこまでもアジア飯が恋しい。

 

フォーを食べながら、は!ここではすすってはいけない!と気づき、

すすらず食べたらやけどしそうだった。すする=冷ます なんだね。

でっかい生春巻きには恐ろしいほどのミントが入っていて、

同じアジア飯でも日本で食べるのとは違って面白い。

 

 

運河を眺めながらホテルへ戻る。

最後のホテルはとても素敵なところだった。

ちゃんとトイレも流れた。(しつこい)

 

| henachoco1989 | 20:44 | comments(0) | - |
2019 オランダ旅 デルフト〜ロッテルダム〜ブリュッセル

オランダ2日目です 思いがけず螺旋階段デー。

 

ホテルの朝食。クロワッサンがとてもおいしい。さっくさく。

 

木曜日はデルフトの広場でアンティークのマルシェがあるようなので行ってみると、

これは本当に今日あるのか??というくらいお店が見当たりません。

仕方がないので、近くの新教会に行ってみると、その日は旧教会は13時からオープンと張り紙が。

新教会と旧教会は共通チケットなので、できれば両方行きたいけど、

2日目はロッテルダムとブリュッセルに行く予定だったので、うーーんと悩んでいると、

新教会の塔の眺めは素晴らしいわよ、とチケット売り場のマダム。

その一言で塔のチケットを買って、一人朝から急な螺旋階段をひたすら登る。

 

※ちなみにチケットは 新教会+旧教会共通チケット+鐘楼/鐘楼のみ の2種類(だったはず)

 

塔は階段と階段の幅が広いところもあり、急だわ怖いわしんどいわとゼーゼーなりながら登る。

やっとついた!曇天だけどかわいい街並みが一望

 

真ん中が広場なんだけど、マルシェ始まる気配なし。

ガイドブックは9時〜とあったけど、これは午前中は無理そう。(登頂10時半くらい)

高いところもあまり得意ではないので、そさくさと降りる。

 

前の日に見たチーズ屋さんで色々試食させてもらってお土産を買う。

i dont like strong cheeseとお店のお姉さんに言うと、食べやすいものを教えてくれた。

スモークチーズも美味しかったなぁ〜あの時買っておけばよかった旅あるある。

 

宿に戻る途中。かわいい餌入れ。

 

広場のそばにはアンティークショップも(わかりにくいけどガタガタ屋根のお店)

何百年も前のデルフトタイルがたくさんありました。

 

電車で移動してロッテルダムへ。

全然デルフトと雰囲気が違う!

大きすぎて写真に収まらない中央駅

 

不思議な建物がいっぱい。

 

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館を目指して川沿いを歩く。

全然入り口が見つからんと思ったら、リノベーションで休館中!!

2019年5月27日から改修工事のため、数年間閉館だそう(〜2025年予定) 涙

 

近くにこんなのを建設中でした。これも美術館になるのかな

 

せっかく歩いたので

美術館のそばにあったソネフェルト邸へ。

全然調べずにふらっと入ったけど、とても素敵なお家でした。

 

ミント色の洗面所

 

優しいクリームイエローとグレーがおしゃれな寝室

 

台所は赤色チェックがかわいい。

 

3階+地下の家は螺旋階段でここでもくるくる登り降り。

部屋ごとに色が決まっていて、作品の中に住んでいるよう。

家好きの人にはとてもおすすめの場所。

 

 

ソネフェルト邸のチケットで隣の

建築博物館も見れます。

自動筆記で絵を書いてくれたり、不思議な展示をしていたので、面白かった。

 

デルフトで買ったおしゃれパン屋のクッキーをかじりながらマルクトハルを目指し歩く。

ロッテルダム駅にレンタサイクル屋さんもあったし、次来るなら自転車を借りよう。

 

 

20分ほど歩いてマルクトハル到着!

未来感あふれる建物。

 

見てるだけでワクワクするマルシェ!

マルシェ大好き!

 

お腹がすいたのでエビしゅうまい。プリプリでうまい。アジア飯最高〜!

 

アイスも欠かせない。オランダでは1スクープごとの値段で面白い。

同じ味でもいいし、別の味でもよい。

これはいちごとヨーグルトを1スクープずつ。コーンも甘すぎなくておいしい。

 

マルクトハルからはサングラスかけた鉛筆みたいな建物が見えます。

 

その隣はおめあてのキュービックハウス。

思っていたよりずらずら並んでいる。

 

 

3ユーロで中に入れます。15分ほど並びました。

個性的なお家。日当たり抜群すぎてとても暑い。

キュービックハウスの見学も螺旋階段。1日で3回も登るとは思わなかった。

 

中庭的なところにカフェもあります。

宿泊もできる⇨https://www.booking.com/hotel/nl/stayokay-rotterdam.ja.html

気になったけど、開放的すぎて泊まらなかった。

 

戻ってマルクトハルをぶらっとして駅に地下鉄で移動。

インターシティに乗ってベルギー ブリュッセルへ。

 

コインロッカーは中央駅内に1箇所にしかなく、そこまで意外と時間がかかり駅構内を疾走。

電車のチケットはあらかじめ日本で予約していきました。

 

ロッテルダム〜ブリュッセルはインターシティで2時間10分ほど。

朝から階段を登ったり歩いたり走ったりでやっと一息、ぼーっと車窓を眺めます。

自由席の2等は隣に誰か座るとトランクもあるので足がぎゅうぎゅう。

 

インターシティはまだ治安の良さそうな中央駅に着くけど、オランダとはまた雰囲気ががらっと変わる。

オランダでは見なかった浮浪者の人がたくさん。

ちょっとビビりながら、トランクをガタガタ言わせて石畳を歩きホテルへ。

 

ホテルは奮発して1万円以上するところだったけど、ボロい。

ドアの鍵がカードキーなのに全然閉まらないと焦っていたけど、

思いっきり力強く閉めたら閉まるというアナログな原因。

トイレの紙が一向に流れないとフロントに言うと、そんなの大した問題じゃない、別の部屋に変えるなら高いぞと

言われブリュッセルの第一印象最悪。

 

イライラしてもしょうがないので、グランプラスへ出かけることに。

くっ

イライラしているのが恥ずかしくなるほど豪華で繊細で壮大。

8時くらいだけど明るいし人もたくさんいるので、危ない感じはないけど、

一応気をひきしめる。

 

触れると幸福をもたらすというセルクラースの像も触っとこ。

 

勝手に女の人と思ってたら男性だった。腕つるぴか。

 

がっかりスポットとして有名な小便小僧。

ちょこんとしていて思っていたよりかわいい。

 

ギャルリーサンチュベールで選べるクッキーセットを購入。

虫がたかっていたけどおいしい。

 

高級チョコは買わず。

 

 

ブリュッセルワッフル。とても大きいけど、カリとサクッとしているので

案外ペロリと食べれる。

 

フライドポテトはベルギーが発祥らしい。

別売りのソースやマヨネーズを頼まなかったら

塩が上の方にしかかかっておらず、単なる揚げた芋を食べる。

芋もおいしいけど、飽きるのでソースは確実にいるね。

 

ジャンキーな晩ご飯で移動の多い2日目終了。

| henachoco1989 | 16:12 | comments(0) | - |
2019 オランダ旅 デルフト編

オランダに着いたのは15時頃

 

以前乗り継ぎで降りた際に見た時計(へなちょこtiwtter参照)がまた見たかったけれど、

到着した日は見つからず。

時間もあるので空港内をしばしぶらぶら。

 

雑貨屋さんに入ってしばらくすると、外国の女の子に棚の上のペンを取ってと頼まれるも、

164cmが思いっきり腕を伸ばして背伸びをしても届かない高さにあり、

売り場の別の商品をひっかけるようにして取ってあげた。

違うペンだったらどうしよとドキドキするも、合ってたようで一安心。

のちにスーパーでも食べたい商品が全然届かないことも。

オランダ人は背が高いと聞いてはいたけど、予想以上。

 

大河ドラマいだてんで、スウェーデンに行った弥彦が

トイレの便座が高すぎるんだよ!というシーンがあったけど、確かに高い。

ベットにちょっと腰掛けるのにも、思っていたより高くてえっ!?となった。

小柄な人はそれだけで可愛いなぁと思うけど、こんな苦労が日々あるのね〜

 

- - -

 

スキポール空港からインターシティ(特急電車)に30分ほど乗って最初の街 デルフトへ  

切符は黄色の券売機でカードかコインで買えます。デルフトまでは11.5ユーロ。

 

デルフトは以前オランダに行ったことがある知人がおすすめしてくれた街。

 

あまりにも腹ペコだったので、オランダ名物のコロッケを駅でゲット。

コインを入れて自分で扉を開けて買うシステムが面白い。

 

インドネシア風焼きそば入りコロッケ という日本にはなさそうなものを購入。

一度食べたら満足するピリ辛味です。焼きそばパンのコロッケ版でしょうか。

 

ホテルへチェックインして、少し休憩して街散策へ。

写真は新教会。

 

これでたぶん19時くらい。日本と7時間時差があるのでとても眠いです。

まだまだ明るいけどお店は18時で閉まるところが多い印象。

 

本当に屋根がカクカク(一番左)していて感動。

広場のチーズ屋さんは次の日に行くことに。

 

こちらは市庁舎

 

駅から少し歩くと風車もあります

 

さらに歩くと古そうな給水塔もあります。

 

こんな感じでベランダの柵に座ってワイワイ飲むオランダスタイル。

座ればそこが椅子になる。なかなか怖いとこに座っているけど楽しそうです。

 

自転車がさかんと聞いていたけど、本当に自転車だらけ

びゅんびゅんみんな速い。

自転車道も広く車も止まっておらずとっても走りやすそう。

曲がる時はみんな手信号をしていました。

 

あとはなぜか白いホコリのようなものがふわふわ結構飛んでた。あれは何だったのかな??

 

小さくて可愛いギャラリーのようなお店。閉まっていてとても残念。

次の日行きたかったけど、時間が合わず。。この人のセンス好きだな〜

https://www.margoweijercollages.nl/

 

上のお店のそばのアイスクリーム屋さん。

なかなか寒い気温(15度くらい)だったけど美味しそうだったので購入。ここは現金不可。

おいしいけどやっぱり寒い。

 

アイスを食べて冷え切ったので、近くのお店でできたてのターキッシュピザと

スーパーで買ったきのこスープをホテルに持ち帰り晩御飯。

ターキッシュピザは野菜もたっぷりでおいしい。

オランダ来てトルコ料理だけど。まぁいっか。

今回の旅は名物を気にせず食べたいものを食べることにしました。

 

1日目は仏陀(?)と共に。

| henachoco1989 | 19:27 | comments(0) | - |
2019年オランダ旅 0

5月末にオランダとベルギーへ行きました。

 

オランダは今まで乗り継ぎでは行ったことがあったけれど、

世界不思議発見で見た自由な建築と空気感に惹かれたのと、

空港の時計がとても素敵だったので行くことにしました。

 

周りの友人たちに感化され全然英語話せないけれど

えいっと勇気を出しての初一人ヨーロッパ旅。

初心者なので直航便で行けるのも安心のオランダ。

 

 

それでは出発の日から〜〜

 

関空へは船で行くことに。

酔いやすいので酔い止めを飲んで準備万端。

関空にも着いたし、手荷物検査の前に水筒の中身飲んじゃわないと〜〜〜〜〜????

水筒(私はいつも旅にお茶パック持ってくので水筒が必需品)がありません。

さっそくなくしました。不吉です。

 

急ぎすぎて靴もちょっとやぶけたし。

乗る前からこんなので大丈夫か。

 

と先行き不安な中まぁなんとか乗れました。

隣は外国のカップル。

一緒に映画を見るために頑張ってお互いの再生ボタンを押すのがかわいい。

 

オランダまでは約11時間くらい。

機内食は何度も出てきて着いたころにはお腹いっぱいなイメージだったけど、

直航便だったせいか、私の食い意地がアップしたのか

お腹が空いて、非常食用のせんべいをさっそく食べる。

隣のカップルはどこからかカップラーメンをもらってきていた。(その後もお菓子やジュースをもらっていた)

そしてラーメンの割に静かだなと思ったら、すすらない。なんだか不思議。

 

寝てもさめても、やメリーポピンズリターンズなど見ていたら

 

 

山が全然ない!なんと平な土地!ひーっここがオランダ!

 

ついに着いてしまった…!!楽しむしかない!!飛行機降りるしかない!ひーっ!!

と一人心臓ばくばくで見ていた映画ボヘミアンラプソディのwe will rock you の一番かっこいいところで

オランダの地に着陸したことは忘れないでしょう。

| henachoco1989 | 00:02 | comments(0) | - |
気になる行きたいメモ

忘れないようにメモ

・イイダ傘店 雨傘 日傘店

4 / 6(土)〜4 / 9(火)

11:00-18:00 ※最終日は17:00

神戸 テイスト&タッチデコ

http://def-company.co.jp/tastetouch-deco/201904/11061

・「ishi」ogawaya / minesono / for-botanical

4/19(金)〜20(土)

http://www.cottage-keibunsha.com/events/20190419/

・部々品々 _buhin
4 / 5(金)〜4 / 30(火)

12 : 00 - 19 : 00
定休日 水木

https://www.instagram.com/____bota/

・平民金子展 『ごろごろ、神戸。』 もうひとつの世界

4/1(月)〜30(火)

10:00-18:00

金曜から日曜定休+不定休

http://junctioncafe784.strikingly.com/

・大西伸明展「投影と影取Projection/ Extraction」

3 /30〜4/27

11:00-17:00
日・月・祝日休み

あしやシューレ

http://www.ashiyaschule.com/

トークイベント「平成・美術・これから」

4月27日(土)15:00-16:00

・大西伸明:投影と影取

4.6(sat)-5.18(sat)
ギャラリーノマル 大阪市城東区永田3-5-22
13:00-19:00 日・祝休廊

http://www.nomart.co.jp/gallery/

・KYOTOGRAPHIE

4 /13〜5/12

https://www.kyotographie.jp/

・瀬戸内国際芸術祭2019

春(4月26日〜5月26日)31日間
夏(7月19日〜8月25日)38日間
秋(9月28日〜11月4日)38日間

https://setouchi-artfest.jp/

・ディミトリス・パパイオアヌー 「THE GREAT TAMER」

7月5日(金)〜 7月6日(土)

7月5日(金) 19:00 開演
7月6日(土) 15:00 開演

https://rohmtheatrekyoto.jp/event/54252/

・あいちトリエンナーレ

2019年8月1日(木)〜10月14日(月・祝)

https://aichitriennale.jp/index.html

↑4月中前売り券安い

| henachoco1989 | 22:55 | comments(0) | - |
Page: 1/14   >>

Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in