Happy Unbirthday なんでもない日おめでとう

calo2018

 

なんでもない日おめでとう
そんなプレゼントを集めました
あなたやわたしに贈りましょう

henachocoセレクトのアーティストグッズやオリジナルの商品を販売します。
なんでもない日がちょっと嬉しくなるプレゼントを買いに
ぜひお越しください。

 

参加アーティスト:
阿部アン、岡崎みゆき、ogawaya、金城貴史、曽田朋子、藤本由紀夫 

 

3月13日(火)〜24日(土) ※最終日は17時まで

http://www.calobookshop.com/

 

| henachoco1989 | 15:37 | comments(0) | - |
2017見たもの 行った場所

今年もあと1日

いろんな展示や舞台に行きました。

覚えている限りのリスト。全71

意外とそんなもんかーという感じ。来年は100くらい見たいな。

今年は舞台が特に印象に残っています。

芸術センターの家族写真は、「ライフプランナーにもライフがあったわ」や

「お父さん、今死んだら、一千万円(←うろ覚え)ぽーんやで」

などのセリフを未だにたまに思い出します。

舞台の印象的なセリフは、何年たっても覚えていたりするので、

きっと来年もふと思い出すことでしょう。

したためのディクテのオブラートを使った林葵衣さんの舞台美術も

繊細で消えそうな美しいものが、どろりと溶けたり、ぞくぞくするものでした。

神楽とロックを組み合わせたROCKAGURAも、本来の神楽の動きとロックの融合が不思議と合って面白く、またぜひみたい!ものです。

霧の中で見た六甲ミーツアートも幻想的で今までで一番よかった。

横浜トリエンナーレも結構好きなものが多かったなぁ。(特に赤レンガの銅像を持ち上げるやつと、家の色んな場所で音楽してるやつ、あと美術館の糸のやつ)





  1. 大山崎山荘美術館 ロベルトクートラス展
  2. 恵文社一乗寺展 クートラス展
  3. 東京都写真美術館 アピチャッポン
  4. 原美術館 エリザベスペイトン
  5. 資生堂ギャラリー 吉岡徳仁
  6. gggギャラリー 中條正義
  7. エルメスギャラリー 曖昧な関係
  8. 中村至男
  9. 国立新美術館 DOMANI
  10. ワタリウム美術館 ナムジュンパイク
  11. ICC still life 藤本由紀夫
  12. 芦屋市立美術博物館 この世界の在り方
  13. 神戸アートビレッジセンター とりのゆめ/bird's-eye 
  14. 京都造形芸術大学 卒業制作展
  15. 光兎舎 加藤 智哉 常設展 「冬の部屋」
  16. ジゼル・ヴィエンヌ『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』
  17. KYOTO GRAPHIE 嶋臺(しまだい)ギャラリー Hanne van der Woude:Emmy’s World
  18. KYOTO GRAPHIE 元・新風館 吉田亮人:Falling Leaves
  19. KYOTO GRAPHIE ASPHODEL TOILETPAPER
  20. 光兎舎 物語もすべてジャムのなか
  21. 国立国際美術館 ライアンガンダー
  22. 京都芸術センター akakilike 家族写真
  23. クマグスク  守屋友樹 still untitled&women S
  24. ギャラリーササキ商店 尾柳佳枝 布団にかいたふとんのなかのような絵
  25. 京都国立近代美術館 技を極める, He CHOSE it
  26. アトリエ劇研 したため ディクテ
  27. KUNSTARZT 林葵衣 声の痕跡
  28. フィゲラス ダリ美術館
  29. ミロ美術館
  30. ピカソ美術館
  31. アントニタピエス美術館
  32. The Third Gallery Aya 藤安淳:empathize
  33. ライト商會 ノバラ座
  34. マルコノスタルジ ROCKAGURA
  35. ミミヤマミシン 和井内洋介:ニューサバーバンピクチャー
  36. 光兎舎 網代幸介:ポーとポウ
  37. 京都銭湯芸術の祭 MOMOTARO
  38. 伊丹市立美術館  O JUN×棚田康司「鬩(せめぐ)」展
  39. ウッドノート 岡崎みゆき I SPY MY LITTLE HANDS
  40. Gallery SUGATA 吉田亮人:鳥葬
  41. 見立ての想像力 千利休とマルセルデュシャンへのオマージュ
  42. やなぎみわ 日輪の翼
  43. 横浜トリエンナーレ
  44. 東京都美術館 杉戸洋:とんぼとのりしろ
  45. ワタリウム美術館 バリーマッギー+クレアロハス
  46. 森美術館,国立新美術館 サンシャワー 東南アジアの現代美術
  47. 国立国際美術館 バベルの塔、四次元の読書
  48. Calo bookshop and cafe 壇上遼:『声はどこから』写真展
  49. Calo bookshop and cafe 森村誠:THC
  50. Calo bookshop and cafe ナーズリーとアミーン展
  51. 東アジア文化都市2017京都 アジア回廊 現代美術展
  52. 港都KOBE芸術祭
  53. ニュイブランシュ
  54. KIITO ロバートフランク展
  55. KEX 金氏徹平 tower
  56. KEX 田中奈緒子:内在しない光
  57. KEX ハイナーゲッペルス×アンサンブルモデルン:Black on White
  58. UMMM Factory TypoCraftHelsinki KyoToDay
  59. ハライソ 藤本由紀夫sculpture musicale
  60. artgallery opaltimes 春のカド
  61. 六甲ミーツアート
  62. 大雅堂 山本雄教:THE PEOPLE
  63. あべのハルカス美術館 北斎展
  64. 国立国際美術館 福岡道雄
  65. 伊丹市立美術館 林明子原画展
  66. 京都造形芸術大学芸術館 八木良太:nightfall in UBUD
  67. AI HALL エイチエムピー・シアターカンパニー:四谷会談 雪ノ向コウニ見タ夢
  68. ギャラリー島田 金井和歌子:逃げも隠れもいたします
  69. AI HALL エイチエムピー・シアターカンパニー:盟三五大切
  70. Calo bookshop and cafe nakaban expo GOUACHES
  71. アートエリアB1 鉄道芸術祭

河内風穴もまた行きたいし、スペインもまた行きたいなぁ。

もともと特別ガウディ好きではなかったけど、

ガウディ万歳。グエル公園、サグラダファミリア、コロニアグエルはぜひ行ってほしい。

何かを作る知り合いや友人が周りに多いので、

いろんな新しいことを知ることができて感謝の気持ちでいっぱいです。

みんな、どんどん好きなことをやってくれ、と心から思います。

来年はへなちょこも好きなように自由に活動しよう。

| henachoco1989 | 21:54 | comments(0) | - |
なつまつり



京都のアートホステル クマグスクで行われるなつまつりに参加します。へなちょこ初の射的とお面屋さんをします。平日ですが、お仕事帰りにもぜひお越しください。
2017年8月22日(火) 13:00~21:30 kumagusuku.info
| henachoco1989 | 20:42 | comments(0) | - |
【8/1~8/27】真夏の大マグネット展

ホホホ座 浄土寺店1階ギャラリーにて開催中の

「真夏の大マグネット展」に出品しています。

http://hohohoza.com/news/2286

今年から直島だけで密かに販売していた

自分用スイッチマグネットバージョン。

かなり強力なネオジウム磁石を使っているので、

小さいですが、ポストカードやチラシをばしっと止めれます。

もちろんカチカチ押せます。

店頭には自分用スイッチのバッジも置いていただいています。

私の中でマグネットバージョンは遠隔操作用のイメージ。

自分でon off切り替えれないときは、誰かに押してもらうのも

いいんじゃないでしょうか。


デットストックのレンチキュラーのシートやシールを使った

マグネットも作りました。

イナズマンは知っている人には胸熱なヒーローでした。

(ホホホ座店長の山下さんが熱く語ってくださいました)

忘れたらいけない重要な振込用紙やプリントなどを貼ると

気づきやすそうです。


総勢約20名?の作家さんのマグネットがずらり。



素敵に展示してくださって嬉しい。


大マグネット展の文字も、下のうずまきもなんとマグネット!

つい商品を移動させてしまいました。



おいしそうなおにぎり思わず一つ購入。青色の主張もすごい。

期間中は出品者の方の好きな本や、オススメ本も一緒に販売しています。

私は大好きな絵本「かしこいビル」と「しりとり」をオススメしました。

どちらも古本屋さんで一目見て読んではぁ!これはーーー!と即買ったものです。

「かしこいビル」は絵も内容も中の文字もとにかく素敵な絵本。

ええっという衝撃もあり、ほっこりさせてくれるお話です。

同じ内容と絵の「おりこうなビル」というタイトルのバージョンもあるのですが、

だんぜんかしこいビルの方がオススメです!

この味わい深い話とイラストは何度読んでもくせになる。

谷川俊太郎と和田誠コンビの「しりとり」は

大人向けのしりとり。

最後「ん」ついてるけど、そこのしりをとるの!?という考えはまだまだ未熟者だからでしょうか。

イラストも言わずもがな素晴らしい。

そうせいじ じんましんのページが特に好き。

どちらもすぐ読めるので、よければぜひ。

あとは、販売がもうされていないのか、

マグネット展には並んでないのですが、

好きなのでこちらの本も。

潮田登久子写真集「冷蔵庫」

色んな家庭の冷蔵庫の外側と内側がただただ写っているのですが、

ぎっちり入っている家、マグネットやプリントがたくさん貼ってある家、

中身が整然と入っている家など、

冷蔵庫一つでその家族の生活や、性格が見え、こんなにも内面が写るものなのかと

驚かされる写真集です。

そういえばこの本も古本で買いました。

家でのマグネットの貼る場所といえば、やはり冷蔵庫ですな。


これもマグネット。

でかいきゅうりとナス

かわいい。

ホホホ座近くの光兎舎でしている網代 幸介さんの『ポーとポウ』映像作品上映展も

オススメです!こちらは6日まで。

光兎舎はいつも可愛い(しかし可愛いだけではない!)展示空間で癒されます。

ギャラリー上のカフェでごはんも食べてみたい。食べるぞー。

| henachoco1989 | 22:16 | comments(0) | - |
henachoco collection

スペイン土産を撮るついでに撮った

しょうもな愛おしいへなちょこコレクションをご紹介します。

 

まずは、夏だしこちら!チューチューファン。

このうちわはカップルの鼻と口がチェーンになっていて、

ゆらしてチューさせるというもの。

 

なかなか難しいのよ。

 

アラ、いけませんわ が胸アツポイント。

何年ごろに作られたのか。

うちわのサイズも11センチと小さいので、実用性はなく、完全に遊ぶ用。

京都のVOUにて購入。

 

 

うちわを買う前に持っていたこちらのおもちゃも鼻チェーンの人たち。

初めて見たときは、こんなシンプルな構造でなんという面白さ!

と衝撃がはしりました。作った人天才か!

一番最初は大阪のロフトの輸入雑貨コーナー(今はもうない)で

コースターかと思って手にとったら、鼻が動いて本当にひゃっと

驚き即購入。

イラストの下にGermanyとあったので、ドイツに行ってあればいいなぁと思い数ヶ月後、

たまたまベルリンに行くことになり、行ったらなんと色んな種類があったので嬉しくなって全種類購入。

イラストも面白さも全てにおいて素晴らしいおもちゃ。

 

そうそう、夏休みの宿題といえば、貯金箱作りだよね。

ということで、お気に入り貯金箱。

これは京都の三条あたりの雑貨屋で数年前に購入。

まず色合いが好み。プラスチックだけど、2段階のロック式。

上2つのような面白みはないけれど、気にいってるからいいの。

 

数年前の池内フリマ(アーティストの池内美絵さんが引っ越しの為、私物を店かと思うほどの量で売っていたフリマ。巡回展まであった。またしてほしい)で購入。

日本がプラモデルに。左端の小さな島たちがいい味わい。

 

手作りじゃなくて、機械生産である程度の数は作られたであろう役に立たないものに弱い。

変だったら何でもいいわけではなく、自分が気にいる何かがあるものなので、

なかなか集まらないけど、また心を掴まれるものがあれば紹介したいと思います。

 

こういうものをたまに眺めると、

何のために。とか意義。とか本当は別にどうでもいいよなーと思ってホッとしたりする。

| henachoco1989 | 23:34 | comments(0) | - |
Page: 1/11   >>

Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in