へなちょこ2018年4分の3を振り返る

3月にCaloさんで「なんでもない日おめでとう」をテーマにした

ギフトショップのイベントを行いました。

 

中津ミミヤマミシンの曽田朋子さんのカラフルなしみブローチとポケット

 

藤本由紀夫さんグッズと、活字を使った作品を作る

服とタイポグラフのグッズ

 

大好評で完売のお菓子は京都で活躍する、ogawayaさんと岡崎みゆきさん

 

ogawayaさんは月をテーマにしたお菓子をいろいろ作ってくれました。

こちらは月の裏側と表側で味が違うジャム

月の裏側はチャイの味

 

 

ジャムに合わせて、岐阜の金城貴史さんの ジャム匙も置かせていただきました。

珍しい形のジャム匙は瓶の底まできれいにすくえます。

プレゼントにも好評でした。

 

こちらは、写真家に特製の作り方を教わったシャボン玉。

会期中こっそり窓から吹いていました。

歩いていたらシャボン玉がふわ〜と飛んできて、

道行く人に喜んでもらえるのじゃないかと思っていたけれど、

なかなか怪しまれました。

 

不思議なプリズムのキューブ

光に当てるととってもきれい。こちらも人気でした。

 

 

イベントでは久しぶりの方にもたくさん出会えてとっっっても嬉しかったです。

来てくださったみなさま、henachocoやらないのはもったいないと

声をかけてくださったCalo石川さん、出品してくださった作家のみなさま

本当にありがとうございました!

 

 

 

そして、5月は芦屋市立美術博物館のつくる場に岡崎みゆきさんと出店しました。

こちらは前回出店した際、子供たちが多いイベントだったので、

子供受けを全面的に狙って今回は射的屋をしました。

今まではトランクに商品をつめてモバイルショップをしていましたが、

今度は射的の台もモバイル型になって、

どこでも(一応)射的屋ができるようになりました〜!

的はお菓子や、小さい動物のフィギュアやゲームなどなど!

 

 

岡崎さんは小学生の女の子たちに大人気のクラゲ釣り(スライム入り)!

白い丸いのはお土産のゼリーです。

 

何度も挑戦してくれる子や、はたまたスナイパー並に上手な子が

現れ、完売しました。ありがたや!

ほんと、みんないい子で一緒に射的をできて楽しかったです。

小学生男子って面白可愛いな〜

 

また機会があれば射的やりたいです。

祭り事あればお呼びください。

 

そんなこんなで9月ももうあと少しというなか、

振り返ってみました。イベントしたのが3月と5月だったとは驚き。

月日がたつのは早いなぁ。

| henachoco1989 | 17:54 | comments(0) | - |
【8/1~8/27】真夏の大マグネット展

ホホホ座 浄土寺店1階ギャラリーにて開催中の

「真夏の大マグネット展」に出品しています。

http://hohohoza.com/news/2286

今年から直島だけで密かに販売していた

自分用スイッチマグネットバージョン。

かなり強力なネオジウム磁石を使っているので、

小さいですが、ポストカードやチラシをばしっと止めれます。

もちろんカチカチ押せます。

店頭には自分用スイッチのバッジも置いていただいています。

私の中でマグネットバージョンは遠隔操作用のイメージ。

自分でon off切り替えれないときは、誰かに押してもらうのも

いいんじゃないでしょうか。


デットストックのレンチキュラーのシートやシールを使った

マグネットも作りました。

イナズマンは知っている人には胸熱なヒーローでした。

(ホホホ座店長の山下さんが熱く語ってくださいました)

忘れたらいけない重要な振込用紙やプリントなどを貼ると

気づきやすそうです。


総勢約20名?の作家さんのマグネットがずらり。



素敵に展示してくださって嬉しい。


大マグネット展の文字も、下のうずまきもなんとマグネット!

つい商品を移動させてしまいました。



おいしそうなおにぎり思わず一つ購入。青色の主張もすごい。

期間中は出品者の方の好きな本や、オススメ本も一緒に販売しています。

私は大好きな絵本「かしこいビル」と「しりとり」をオススメしました。

どちらも古本屋さんで一目見て読んではぁ!これはーーー!と即買ったものです。

「かしこいビル」は絵も内容も中の文字もとにかく素敵な絵本。

ええっという衝撃もあり、ほっこりさせてくれるお話です。

同じ内容と絵の「おりこうなビル」というタイトルのバージョンもあるのですが、

だんぜんかしこいビルの方がオススメです!

この味わい深い話とイラストは何度読んでもくせになる。

谷川俊太郎と和田誠コンビの「しりとり」は

大人向けのしりとり。

最後「ん」ついてるけど、そこのしりをとるの!?という考えはまだまだ未熟者だからでしょうか。

イラストも言わずもがな素晴らしい。

そうせいじ じんましんのページが特に好き。

どちらもすぐ読めるので、よければぜひ。

あとは、販売がもうされていないのか、

マグネット展には並んでないのですが、

好きなのでこちらの本も。

潮田登久子写真集「冷蔵庫」

色んな家庭の冷蔵庫の外側と内側がただただ写っているのですが、

ぎっちり入っている家、マグネットやプリントがたくさん貼ってある家、

中身が整然と入っている家など、

冷蔵庫一つでその家族の生活や、性格が見え、こんなにも内面が写るものなのかと

驚かされる写真集です。

そういえばこの本も古本で買いました。

家でのマグネットの貼る場所といえば、やはり冷蔵庫ですな。


これもマグネット。

でかいきゅうりとナス

かわいい。

ホホホ座近くの光兎舎でしている網代 幸介さんの『ポーとポウ』映像作品上映展も

オススメです!こちらは6日まで。

光兎舎はいつも可愛い(しかし可愛いだけではない!)展示空間で癒されます。

ギャラリー上のカフェでごはんも食べてみたい。食べるぞー。

| henachoco1989 | 22:16 | comments(0) | - |
あしやつくる場に出店します


あしやつく場に出店します。

夏に向けてTシャツなど販売する予定です
新しいものが刷れるといいのですが!

色んな雑貨屋さんの他、
無料の太極拳教室や八百屋さんなどもありとっても楽しそうです!
日焼け&暑さ対策をしてゴールデンウィークはぜひ芦屋にお越しくださいませ

花粉よ飛ばないでおくれ〜(未だ花粉症。花粉なのか!?)


会場:芦屋市美術博物館 お庭
日時:2015年5月2日(土)・3日(日)
10:00〜16:00
※雨天中止/中止の場合は当日の朝、
当ホームページ
http://ashiya-museum.jp/event-program/7368.htmlにて
お知らせいたします。

ただし、ワークショップ(一部除く)は雨天でも開催いたします。

〒659-0052 兵庫県芦屋市伊勢町12-25
入場無料
http://ashiya-museum.jp/event-program/7368.html


 
| henachoco1989 | 18:58 | comments(0) | - |
KAVCひとマルシェとこけし


ひとマルシェ終了しました。
お立ち寄りいただいたみなさま、kavcのみなさまありがとうございました!

もうすぐ始まるphono/graphカタログも一緒に置かせていただきました。
本当に楽しみ!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
phono/graph -音、文字、グラフィック-
2015年3月21日(土) - 4月12日(日)
神戸アートビレッジセンター
12:00 - 19:00 火曜休館
料金: 300円
http://www.phonograph.jp/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

商品は少し変わってたり、作りたてだったりするのですが、
写真で見ると全体的にはあまり変わらない…ですね。?
何か全然違うことがしたい!秋くらいに計画中です。


と思ったら全然違うこともしていました!
今年もコトコトこけし博に参加します。


新作福助コースターもあります。シルクスクリーンで1枚ずつ刷ってます。
お花を持っている福助もこっそりいます。

毎年すごい盛り上がりのこけし博!みなさまぜひ〜
靴下はぶ厚めがいいですよ。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
コトコトこけし博 2015 ニッポンのめでたいもの市

日にち:3月14日(土)、15日(日)
時間:10:00〜18:00  15日は17:30まで
※両日とも9:30より各会場にて受付開始
入場料:各日300円(2会場共通)オリジナルコトコちゃんタオル付き
会場:マヤルカ古書店、遊・空間U
http://www.yonagadou.com/news/3956
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
| henachoco1989 | 23:53 | comments(0) | - |
つくるビルin BLACK
「黒」がテーマのイベントに合わせ、
黒い商品ばかり詰め込みました。




新作モアレバッジ
水玉の布に発泡インクで刷ったドットや黒い布に刷ったものを
缶バッジにしました。


刷っても飾っても目がチカチカするバッグ


↑左下の丸いものは、モアレグッズを作るきっかけとなった
浅野孝之さんのOP-TOYというモアレを楽しむおもちゃです。
パンチングシートを2枚重ねたもので、光の加減や回転具合で、
モアレが電飾のようにも見え、飽きずにくるくる回してしまいます。


それにしても、京都の古ビルの寒さったら。

紅茶やカイロなど温かい差し入れをいただき、
八百屋さんのカブのクリームスープや、カフェの出し巻など
おいしいものを食べ、色んな人の目をチカチカさせつつ、
楽しい一時を過ごしました。

つくるビルのみなさま、お越し頂いたみなさま、
どうもありがとうございました!
| henachoco1989 | 22:08 | comments(0) | - |
Page: 1/3   >>

Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in