藤本ゼミ1913メモ続き
藤本ゼミ1913
メモ 続き

■カンディンスキー(ロシア)http://ja.wikipedia.org/wiki/ワシリー・カンディンスキー
・抽象絵画の総本家みたいな人

モネの「積みわら」絵を見るhttp://ja.wikipedia.org/wiki/積みわら

何が描いてあるか分からなかった

何が描いてあるか分からなくても絵はできる

印象を描く

音楽を描く

インプロヴィゼーション即興
作曲 コンポジション絵画

【出版物】
・抽象芸術論
・回想


■マレーヴィチ(ロシア)http://ja.wikipedia.org/wiki/カジミール・マレーヴィチ
・最初から抽象的なものを描く
・suprematism http://ja.wikipedia.org/wiki/シュプレマティスム

■モンドリアン(オランダ)http://ja.wikipedia.org/wiki/ピエト・モンドリアン
・線だけで表現する←オランダの風景が関係している?
・oceanhttp://www.piet-mondrian.org/pier-and-ocean.jsp

■バートランドラッセルhttp://ja.wikipedia.org/wiki/バートランド・ラッセル
・哲学の本(哲学入門?)

哲学者は多くの問いには答えられないとしても、
問いをたてる力は持っている。
世界に対する興味をかきたて
日々の生活の裏側は
不思議と驚異が潜んでいる。
(かなり省略してます)

■マーシャルマクルーハンhttp://ja.wikipedia.org/wiki/マーシャル・マクルーハン

■ウィトゲンシュタインhttp://ja.wikipedia.org/wiki/ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン
・崖の上の小屋http://www.shedworking.co.uk/2012/10/die-hutte-photo-documentary.html

■ホログラフィック理論
http://wired.jp/2012/05/20/geeks-guide-brian-greene/

トークに直接でてきたサイトではありませんが(ほぼ全部そうですが)、
おそらくこのような内容だと…
その他ブラックホール、我々は影みたいなものなど、まったくついていけずメモ断念。
理解できる日は来るのだろうか…

■トークのお土産はsince1913と入った黄色のトンボ鉛筆
(1人もらいそびれた私にくださった方ありがとうございます。大事にします)

■CAPの図書館では12月22日までトークに出てきた1913の資料もたくさん見れます。
http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2013/11/20180202.html
| henachoco1989 | 23:28 | comments(0) | - |
藤本ゼミ「1913」メモ
【藤本ゼミ「1913」】
cap study http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2013/11/21110203.html#more

トークに出てきた人々、動画、絵画などのメモ

■1913年についての本(ドイツでベストセラー)http://www.amazon.co.jp/1913-Florian-Illies/dp/3100368010/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1386567835&sr=8-4&keywords=1913
■日本では、森永ミルクキャラメルとトンボ鉛筆が100周年
■100年前の音楽
ラグタイム、ドビュッシー、エリックサティなど

■webern「オーケストラのための5つの小品」

■環境が変わると、表現も変わる
・都市化、乗り物の変化(飛行機、車の大量生産)により、人間の行動は
2次元から3次元に増える。
・エッフェル塔ができ、人々の視点の変化が生まれる。
(それまで一部の人だけしか見ることができない、上空から見える世界)

■キュビズム(フランス)
・空間を描く
・先駆者セザンヌ
・正面からだけではなく、色んな方向から見たものを一つの空間に現す
・分析的キュビズム←表現ではなく実験

■未来派(イタリア)
・時間(速度)を描く
・マリネッティhttp://ja.wikipedia.org/wiki/フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ
ヨーロッパのカフェイン
・やたら宣言を出す
・ボッチョーニ「立ち上がる都市」http://theendofbeing.com/?attachment_id=11182
・連続写真は空間の中に時間を写し出す
・ジャコモ・バッラ「鎖につながれた犬のダイナミズム」http://www.tfo.upm.es/docencia/ArtDeco/Balla.htm
・セヴェリーニhttp://ja.wikipedia.org/wiki/ジーノ・セヴェリーニ


■ルイジ・ルッソロhttp://ja.wikipedia.org/wiki/ルイージ・ルッソロ
ノイズや工業的な音を描くにはどうすればいいか

音は音で表現する

ノイズを分類(爆発音、金属音、つぶやき、動物的な音、きしみなど)

騒音を出せる特製の楽器イントナルモーリを発明し、実作。コンサートを行う。
youtubeを探せば色んな人が再現して作っている

■マルセル デュシャン
・キュビズムや未来派が始まった頃より少し後に生まれる
・絵画は知性で描く
・作家は作品を半分しか完成させることはできない。後の半分は後世の鑑賞者が作る
・芸術作品でないと証明できるか
・偶然でつくる。 あなたの偶然と私の偶然は違う
・アートとは作ること。作ることは選ぶこと。
・コーヒー挽き……回す部分をどう描くか→(矢印(記号)で現す)→未来派やキュビズムとは違う表現ができる
http://www.tate.org.uk/art/artworks/duchamp-coffee-mill-t03253
・図書館に一時勤める


■人が見てるのを見る事はできる。人が聞いているのは、聞く事はできない

■レーモン ルーセル「アフリカの印象」http://ja.wikipedia.org/wiki/レーモン・ルーセル
・文学、詩人の言葉で組み立てる世界
・言葉と言葉をつなぐだけで、変な世界が作り出せる
・言葉がつなぐ概念

■シェーンベルクhttp://ja.wikipedia.org/wiki/アルノルト・シェーンベルク
・無調

■ストラヴィンスキーhttp://ja.wikipedia.org/wiki/イーゴリ・ストラヴィンスキー
・映画「シャネルとストラヴィンスキー」にも出てくる舞台「春の祭典」←デュシャンも見てた
・春の祭典http://ja.wikipedia.org/wiki/春の祭典

■ニジンスキーhttp://ja.wikipedia.org/wiki/ヴァーツラフ・ニジンスキー

続く
| henachoco1989 | 14:55 | comments(1) | - |
Page: 1/1   

Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in