Entry: main  << >>
2017年7月スペイン バルセロナ旅行

スペイン バルセロナ旅行に行きました。

様々なサイトに便利な情報が載っていて、

このブログも誰かの参考になればいいな〜と思い記します。あと自分の備忘録に。

貧乏&観光メインの旅で、食事は基本ベンチでパンだったので、ご飯系は別のサイトを参考にしてください。

 

- - - - - - - - - - - - - - - 

*出発前に毎日見ていたサイト⇨http://kamimura.com/?p=7699

 

*オフライン(以下オフ)でも使える便利アプリ(貧乏旅行ゆえwifiはレンタルしない) 

|浪偲款茲蟯垢┛篤⇨https://itunes.apple.com/jp/app/id1008027757?mt=8

オフだとタイムリーな時間検索はできませんが、乗り継ぎや、所要時間の確認はできるので、旅行中よく使いました。

 

▲亜璽哀襯泪奪廚鬟瀬鵐蹇璽匹靴董▲フラインで見る方法

https://support.google.com/maps/answer/6291838?co=GENIE.Platform%3DiOS&hl=ja

オフ中は現在地からの所要時間などは分かりませんが、GPSで現在地は分かるので便利でした。

 

グーグル翻訳もダウンロードできるっぽい

https://support.google.com/translate/answer/6142473?co=GENIE.Platform%3DAndroid&hl=ja

これは帰国後に気づいたけど、次回どこかの国へ行くときは使いたいです。

 

バルセロナも観光スポットなどでフリーwifiは飛んでるけど、接続できない時も何回かありました。

以上 初期情報。

- - - - - - - - - - - - - - - 

◼︎1日目

関空よりKLM航空にて出発。オランダ経由でバルセロナに19時頃到着しました。

機内ではずーっと映画三昧(この世界の片隅に、湯を沸かすほどの熱い愛、あん、日本映画も見たいものが多くて嬉しい)

イアホンは配られますが、持参した方がより楽しめます。

 

乗り換えのオランダで見た時計。時間がたつと書き直しています。とっても素敵。

 

空港からはバスでカタルーニャ広場まで行き、(30分ほど)

そこからホテルまではタクシーで行きました。車の運転は海外はどこもそうかもしれませんが、

すごいスピードでスリル満点です。バスもしっかりつかまってた方がよさそう。

広場のそばのデパ地下を物色し、食料など買いました。日が長いため、21時頃でもまだ明るかったです。

 

 

◼︎2日目〜いきなりバルセロナから離れる〜

バルセロナから特急で1時間ほどのフィゲラスという場所にあるダリ美術館へ。

あらかじめrenfeという鉄道のチケットを日本から予約しました。

行き方参考サイト⇨https://matome.naver.jp/odai/2138978880617284201

renfe予約方法⇨http://kamimura.com/?p=32035

 

上記のサイトは細かーく写真付きで載せてくださって、ほんと助かりました。

renfeの駅では荷物のX線検査があったり、混んでいたので早めに到着する方が安心です。

地下鉄から行ったからか、乗り場が分からなかったので、renfeのカウンターで聞くと、

プラットホームのナンバーを教えてもらえました。

 

車内では駅で買ったクロワッサンと、昨日デパ地下で買ったヨーグルトを食べながら、

写真など撮り、まったり。1時間ほどでFIGUERES VILAFANT駅に到着。

 

ダリ美術館までは、行き方参考サイトの写真を事前にスクリーンショットでiphoneに保存して、

その通りに歩けば難なく着けました。

早くついたので、近くの教会など見て散策。

 

中も外も濃〜いダリ美術館。朝から濃厚です。

苔と石を描いたものや、シンプルな絵、写実的な絵から、

主張激しいオブジェ(なのか何なのか)まで、

ダリもあらゆる試行錯誤をしながら制作していたのねと思う。

 

おでこに引き出し。なんだか好きです。ビーナスは色々遊ばれていました。

 

このライトもちょっといいなぁ。

 

ダリ美術館のあとはさくっと街歩き。

近くにおもちゃ博物館があったので、せっかくなので入ってみました。

狭いかなと思いきや、中は結構広くて古いレトロなおもちゃがたくさん並んでいて

見応えがありました。古いおもちゃや、レトロなデザインが好きな方はおすすめです。

こちらは映写機コーナー。ままごとセット、紙おもちゃなどカテゴリー分けで展示されてました。

手招きする係のお姉さんについていくと、

ミニチュアの電車を走らせてくれる部屋もありました。

写真ブレブレで載せませんが、大きな模型に何台も電車が走る様子は子供も大人も喜びそう。

ダリのついでに時間あればぜひ。

 

駅へ戻る途中、公園の傍でマーケットがしており、

揚げたてのポテトチップ(芋と油と塩のみ!シンプルおいしい)と、

おじいさんのコロッケ(何味が不明)を買って帰りの電車を待ちました。

FIGUERES VILAFANT駅までは徒歩20分くらいですが、暑いなか往復歩くとなかなか疲れました。

駅のなんてことないアイスが身にしみてうまい。

補足:駅のトイレは綺麗です。

 

バルセロナに戻って、地下鉄に乗り、メインのサグラダファミリアへ!

こちらも日本からチケットを予約しました。

予約方法はこちら⇨http://kamimura.com/?p=5929

ほんとにこのサイト作った人に感謝です。

 

塔のエレベータ&オーディオガイド付きを予約しました。

でもオーディオガイドもらってないな、そういえば。まぁいいか。

予約の時間まで、また周辺をぶらり。美味しそうなパン屋でツナサンドと

何か分からない大きなカリカリとしたパンを食べ歩きました。

pannusというパン屋さんはチェーン店らしく、

よく見かけました。硬いパン好きなのでおいしい。

 

サグラダファミリアの第一印象は

思ったより小さい。でした。

 

入って、塔に登るとそれはそれは大きいんだけど。

なんでも想像力が先走りすぎてしまいます。

名古屋のナナちゃんも道路を挟んで立つくらいの巨人を想像していた。。

 

サグラダファミリアは、

駅を降りるとすぐ見えるので、みんな思わずwowと言ってしまう。

 

どーん

 

どどーん

小さい思ってすみませんでしたーーっ。

 

中のステンドグラスはほんとーーーーーーにきれい。

これが見たかったの。

影まできれい。

ステンドグラスはニコンのカメラよりi phoneの方がきれいに写る。(素人ゆえ)

 

塔のエレベーターは入り口付近にありました。(登ったのは生誕の門側)

迷って予約の時間を少しすぎたけど、普通に入れてもらえました。

エレベーターで上に行く途中、

お姉さんが、「階段ばっかりだけど、みんなヤングでストロングだから大丈夫ね!」

てなことを言うくらい全部階段で、一人分くらいの細さの通路を通って登ります。

帰りの螺旋階段はまだ下に到着しないの〜!?と数回思うくらい長いです。

 

受難の門もまた違った雰囲気で良かったです。

地下の博物館ゾーンも広く、朝からずっと歩きっぱなしでヘトヘトになりました。

とはいえ生きてるうちに行ってみたい場所だったので、大満足です。

 

この後 エンカンツ蚤の市、ミロ美術館、噴水ショーへ行くのですが、続きはまた。

| henachoco1989 | 21:56 | comments(0) | - |
Comment








Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in