Entry: main  << >>
2017年7月スペイン バルセロナ旅行

早く書かないとどんどん忘れそうなので書きます!

ですます調書きにくいからちょっとやめてみよっと。

 

バルセロナにもダリ美術館があったけど、

2017年の3月に閉館したよう。⇨http://kamimura.com/?p=2001

ダリ好きはちょっと遠いけど、色んな作風が楽しめるので、フィゲラス行ってみてもよいかと。

 

サグラダファミリアを堪能した後は、

エンカンツの蚤の市へ。もう足腰はボロボロ。観光1日目で先が思いやられる。。

エンカンツと名前がついているけど、Encants駅ではなく、Glories(グロリアス)駅。ややこしー

 

期待を胸にいざ!

物量はなんだかすごい。

ただ、なんだ、このがっくり感。売る人のやる気が感じられない。。oh

午前中にはいいものもあるのかな。

並べるというか掘り起こす系の店が多かった。

ここからキラリと光る一品を見つけるのは大変そう。

疲れていた+がっかりの疲労で、すぐ退散。

ベルリンやパリの蚤の市を思って行くとしょぼぼーんとなりまする。

近くにはトーレアグバール(バルセロナ水道局のビル 薬莢みたいな形)も見えた。

 

気をとりなおして、モンジュイックの丘にあるミロ美術館へ。

地下鉄でPara・lel駅からモノレール?に乗ってParc de Montjuicで下車。

 

ミロ術館は駅から10分~15分くらい。時刻は19時頃。

着いてすぐ美術館のカフェでお茶をするくらいボロボロでしたが、

白く広くすっきりした空間と作品にスーパー癒された。

ダリ、サグラダファミリア、蚤の市と朝から濃いものばかり見てたので、

ミロよ、ありがとうと思った。

襖絵みたいな絵や、岡本太郎ぽい彫刻など、日本人心をくすぐる要素が多く

ある気がした。

 

土曜日の開館は20時までだけど、ミュージアムショップは19時半に閉まって

しまうので、お土産買いたい場合はご注意を。

それにしても、海外のお前らはよ帰れ感はどこも一緒だな〜

19時45分くらいには展示室の作品の電源がどんどん消されていく…

 

ミロでちょっと元気を取り戻し、21時から始まる噴水ショーを見に移動。

途中オリンピックの会場跡地もチラ見する。鐘がずーっと鳴っていた。なぜ?

 

行けたらカタルーニャ美術館も無料の日(確か)だったので、寄ろうかと

思いきやこちらも営業は20時までで断念。

たぶん見ても頭に入らなかっただろう。またの機会に。

 

 

カタルーニャ美術館前のスペースで21時からの噴水ショー待ち。

この明るさで20時半くらい。ショーまでは地元のおじさんのキーボード演奏や、

バルセロナボーイズたちのブレイクダンス(どちらも投げ銭)をぼんやり見ながら過ごす。

ビール&水売りのおじさんもたくさんやってくる。値段いくらだったのかな?

 

やっと始まった噴水ショー。地球の歩き方では21時からスタートだったけど、

どうやら日没後のようで、21時半すぎに始まった。21時半に夕焼けとはびっくり。

 

しばらく見たら横にある階段で下へ降りてショーを見る。

夜は涼しくて気持ちいい。ちょっと寒いくらい。Tシャツ1枚だと凍えると思う。

 

 

 

 

一番下のメインであろう噴水。

ここまで来ると音楽も聞こえる。

ぼーっと近くの柵に座って1時間くらい見る。

迫力があるし、何も考えずに見れて綺麗なので、1日の締めにはぴったりでした。

 

スペイン広場まで歩いて、電車に乗り、ホテル近くのスーパーで買った

スナック菓子と桃(店のおじさんがこれがよいと目配せしてくれた甘い桃)と

デパ地下の1ユーロ生ハム(塩気がこの日は体にしみこむ、昨日より美味しい気がする)

というなんともジャンクな晩御飯をホテルで食べて観光1日目終了。

早くも湿布持って来りゃよかったと思うくらい歩きました。

 

それと、もっといいもん食べろよ自分と今となっては思いますな。でも楽しかった!

またバルセロナ行くなら今度は美味しいものたくさん食べたいなー

ということで続きはまた。

 

 

 

 

 

| henachoco1989 | 00:44 | comments(0) | - |
Comment








Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in