Entry: main  << >>
透明な喫茶店 透明な食べ物たち

透明な喫茶店は一応喫茶店なので飲食もありました。

 

1日目と2日目は岡崎みゆきさんのスープの日。

こちらは野菜のポタージュ (2日めは魚介のうまみたっぷりスープ)

スープの上にはざくろやグレープフルーツ、オリーブオイルの透明たち

キラキラきれい。

 

スープの中からはぷにぷにのタピオカと

皮から手作りのスパイシーかつもちもちな水餃子が出てきて食べ応え◎

 

どこの国の料理でもない不思議おいしいスープでした。

写真はシェフが作ってくれたまかない餃子。

 

こちらは透明サンド

普段パウンドケーキなどを他のお店にも出品している彼女ならではの一品。

中には金木犀とピーチティーのゼリー、ジャスミンティーの寒天が

パウンドケーキに挟まっている甘いサンドイッチでした。

 

お土産コーナーにはogawayaさんの空の色をぎゅっと閉じ込めたような琥珀糖

とりんごのキラキラソース。

展示が終わってからも楽しめる透明たち。

私はパンやヨーグルトにかけて楽しい朝ごはんを食べ

透明の余韻に時々浸っております。

 

 

喫茶店だけれども、飲み物も透明でありたいという思いから

コーヒーは黒すぎるという理由でメニューに入れませんでした。

(光が透けるものはOKというゆるい規制)

 

意外と味の違いがわかる(のもある)水飲み比べ

白神山地が秋田と青森で味や成分が違ったり、

温泉水はまろやかさや主張があるなど、発見がたくさんありました。

 

喫茶店には珍しい樹液100%ドリンク

ほんのりかすかにヨーグルトのような甘みがある不思議な味

注文する人の「樹液ください」という言葉がカブトムシみたいで

なんだか可愛くて面白い。

 

分量通りに作っているはずなのになぜかぽよぽよ度が高く、

色んな人からこれは葛湯じゃないと言われる葛湯。

でもおいしいと好評でした。

 

しょうがときび砂糖のみ漬けたシロップのホットジンジャー。

最後のお茶会はなぜかほとんどの人がこれを注文されました。

 

現実にあるけど、ないような不思議なお店にしたかったのですが、

少しはなれていたらいいなぁ。

| henachoco1989 | 16:15 | comments(0) | - |
Comment








Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in