Entry: main  << >>
2019 オランダ旅 デルフト〜ロッテルダム〜ブリュッセル

オランダ2日目です 思いがけず螺旋階段デー。

 

ホテルの朝食。クロワッサンがとてもおいしい。さっくさく。

 

木曜日はデルフトの広場でアンティークのマルシェがあるようなので行ってみると、

これは本当に今日あるのか??というくらいお店が見当たりません。

仕方がないので、近くの新教会に行ってみると、その日は旧教会は13時からオープンと張り紙が。

新教会と旧教会は共通チケットなので、できれば両方行きたいけど、

2日目はロッテルダムとブリュッセルに行く予定だったので、うーーんと悩んでいると、

新教会の塔の眺めは素晴らしいわよ、とチケット売り場のマダム。

その一言で塔のチケットを買って、一人朝から急な螺旋階段をひたすら登る。

 

※ちなみにチケットは 新教会+旧教会共通チケット+鐘楼/鐘楼のみ の2種類(だったはず)

 

塔は階段と階段の幅が広いところもあり、急だわ怖いわしんどいわとゼーゼーなりながら登る。

やっとついた!曇天だけどかわいい街並みが一望

 

真ん中が広場なんだけど、マルシェ始まる気配なし。

ガイドブックは9時〜とあったけど、これは午前中は無理そう。(登頂10時半くらい)

高いところもあまり得意ではないので、そさくさと降りる。

 

前の日に見たチーズ屋さんで色々試食させてもらってお土産を買う。

i dont like strong cheeseとお店のお姉さんに言うと、食べやすいものを教えてくれた。

スモークチーズも美味しかったなぁ〜あの時買っておけばよかった旅あるある。

 

宿に戻る途中。かわいい餌入れ。

 

広場のそばにはアンティークショップも(わかりにくいけどガタガタ屋根のお店)

何百年も前のデルフトタイルがたくさんありました。

 

電車で移動してロッテルダムへ。

全然デルフトと雰囲気が違う!

大きすぎて写真に収まらない中央駅

 

不思議な建物がいっぱい。

 

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館を目指して川沿いを歩く。

全然入り口が見つからんと思ったら、リノベーションで休館中!!

2019年5月27日から改修工事のため、数年間閉館だそう(〜2025年予定) 涙

 

近くにこんなのを建設中でした。これも美術館になるのかな

 

せっかく歩いたので

美術館のそばにあったソネフェルト邸へ。

全然調べずにふらっと入ったけど、とても素敵なお家でした。

 

ミント色の洗面所

 

優しいクリームイエローとグレーがおしゃれな寝室

 

台所は赤色チェックがかわいい。

 

3階+地下の家は螺旋階段でここでもくるくる登り降り。

部屋ごとに色が決まっていて、作品の中に住んでいるよう。

家好きの人にはとてもおすすめの場所。

 

 

ソネフェルト邸のチケットで隣の

建築博物館も見れます。

自動筆記で絵を書いてくれたり、不思議な展示をしていたので、面白かった。

 

デルフトで買ったおしゃれパン屋のクッキーをかじりながらマルクトハルを目指し歩く。

ロッテルダム駅にレンタサイクル屋さんもあったし、次来るなら自転車を借りよう。

 

 

20分ほど歩いてマルクトハル到着!

未来感あふれる建物。

 

見てるだけでワクワクするマルシェ!

マルシェ大好き!

 

お腹がすいたのでエビしゅうまい。プリプリでうまい。アジア飯最高〜!

 

アイスも欠かせない。オランダでは1スクープごとの値段で面白い。

同じ味でもいいし、別の味でもよい。

これはいちごとヨーグルトを1スクープずつ。コーンも甘すぎなくておいしい。

 

マルクトハルからはサングラスかけた鉛筆みたいな建物が見えます。

 

その隣はおめあてのキュービックハウス。

思っていたよりずらずら並んでいる。

 

 

3ユーロで中に入れます。15分ほど並びました。

個性的なお家。日当たり抜群すぎてとても暑い。

キュービックハウスの見学も螺旋階段。1日で3回も登るとは思わなかった。

 

中庭的なところにカフェもあります。

宿泊もできる⇨https://www.booking.com/hotel/nl/stayokay-rotterdam.ja.html

気になったけど、開放的すぎて泊まらなかった。

 

戻ってマルクトハルをぶらっとして駅に地下鉄で移動。

インターシティに乗ってベルギー ブリュッセルへ。

 

コインロッカーは中央駅内に1箇所にしかなく、そこまで意外と時間がかかり駅構内を疾走。

電車のチケットはあらかじめ日本で予約していきました。

 

ロッテルダム〜ブリュッセルはインターシティで2時間10分ほど。

朝から階段を登ったり歩いたり走ったりでやっと一息、ぼーっと車窓を眺めます。

自由席の2等は隣に誰か座るとトランクもあるので足がぎゅうぎゅう。

 

インターシティはまだ治安の良さそうな中央駅に着くけど、オランダとはまた雰囲気ががらっと変わる。

オランダでは見なかった浮浪者の人がたくさん。

ちょっとビビりながら、トランクをガタガタ言わせて石畳を歩きホテルへ。

 

ホテルは奮発して1万円以上するところだったけど、ボロい。

ドアの鍵がカードキーなのに全然閉まらないと焦っていたけど、

思いっきり力強く閉めたら閉まるというアナログな原因。

トイレの紙が一向に流れないとフロントに言うと、そんなの大した問題じゃない、別の部屋に変えるなら高いぞと

言われブリュッセルの第一印象最悪。

 

イライラしてもしょうがないので、グランプラスへ出かけることに。

くっ

イライラしているのが恥ずかしくなるほど豪華で繊細で壮大。

8時くらいだけど明るいし人もたくさんいるので、危ない感じはないけど、

一応気をひきしめる。

 

触れると幸福をもたらすというセルクラースの像も触っとこ。

 

勝手に女の人と思ってたら男性だった。腕つるぴか。

 

がっかりスポットとして有名な小便小僧。

ちょこんとしていて思っていたよりかわいい。

 

ギャルリーサンチュベールで選べるクッキーセットを購入。

虫がたかっていたけどおいしい。

 

高級チョコは買わず。

 

 

ブリュッセルワッフル。とても大きいけど、カリとサクッとしているので

案外ペロリと食べれる。

 

フライドポテトはベルギーが発祥らしい。

別売りのソースやマヨネーズを頼まなかったら

塩が上の方にしかかかっておらず、単なる揚げた芋を食べる。

芋もおいしいけど、飽きるのでソースは確実にいるね。

 

ジャンキーな晩ご飯で移動の多い2日目終了。

| henachoco1989 | 16:12 | comments(0) | - |
Comment








Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in