Entry: main  << >>
2019 オランダ旅 アムステルダム最終日

いつまでオランダネタやるんだという感じですが最終回です。

 

最終日は昼には空港に行かねばなので、

どう過ごすか迷ったあげく市立美術館に行くことに。

 

市立美術館はゴッホ美術館のすぐ隣。この芝生でごろごろごろごろしたい。

 

バスタブのような形で有名な建物

 

入り口がかわいい

無料の音声ガイドは日本語はありませんでした。

英語とフランス語と、もう1ヶ国語くらいはあったかな。

 

時間が限られていたので早足で見たせいもあるけれど、

コレクション展はパーテションで区切られていてなんだか卒業制作展のよう。

展示方法がなんだかもったいない気がしました。

もっとすっきり贅沢な空間で見たかったな〜〜これは完全に好みだと思うけど。

草間彌生さんや工藤哲巳さんなどキャラが濃い作品ともオランダで出会う。

作品はたくさんあるので、心と時間に余裕があるときにみるとまた全然違う感想だったかも。

 

トラムで最寄駅まで移動して空港へ。チェックインをして手荷物検査を終えると

やっとまた見たかった時計!何度見てもいいな〜

ちなみにこの作品の小さいのは国立美術館にもありました。

裏はこんな感じ。

 

そんなこんなで最終日はあっさり終了。

手荷物検査後は最後に行きたかったHEMAやアルバートハインに行けず、、

心残りもありつつでもまた絶対行きたいオランダ旅でした。

 

このブログに貼りたかった動画たちを最後にyoutubeにまとめました。

よければご覧ください。あんまり観光の参考にはならんね。

 

 

オランダ(ベルギー/ブリュッセル)備忘録

 

・基本はクレジットカードがどこでも使える。(ブリュッセルのバスは現金のみ)

・一度だけマスターもビザも使えないアルバートハインがあった。

・美術館はチケット代が高い。大体2000円以上。

 毎月第○曜日は無料とかもなさそう。(ブリュッセルは第一水曜の午後が無料の場所もある)

・ブリュッセル治安はいまいちだけど、いい人も多い

・オランダのお菓子素朴でおいしい。食べ物が新鮮なイメージ

・オランダは店開くの遅いけど閉まるの早い(12:00~18:00が多そう)

・22時くらいまで開いてるスーパーは値段が高い。

・今まで行った他の国(ドイツ、スペイン、韓国etc)のような運転の荒さはない

 海外に行くと大抵どの乗り物も運転がスピーディーで怖えぇええってなるけど、そんなことはなかった(たまたま?)

・よく電車は遅延するとネットにあったけど全然大丈夫だった。

・到着の1日前にストライキで空港閉鎖があったので、次の日で本当にラッキーだった。

・オランダの建物は結構地盤沈下で傾いてる。心配になる。

・気になったお土産は、後で買おうと思っても出会えなかったりするので、欲しいときに買うべし。

・オランダ語発音難しすぎ。

| henachoco1989 | 12:25 | comments(0) | - |
Comment








Profile

twitter

Comment

Archives

Category

Link

Search

Log in